新川の西水門・火の見櫓にて

e696b0e5b79d
連休の始まりの日、いつもは閉じていることが多い新川の火の見櫓に上って見ました。天気は上々、大気が澄んでいた午前中は、江戸川区から富士山や筑波山が見えました。高い所から見る新川は中々の景観です。櫓は木の香が漂い、狭いけど清掃が行き届いていて、爽やかな気持ちになります。番人の高齢男性がとても親切で、「よく来てくれました。」と、帰りにアズキ飴を一つ手渡してくれました。訪れる人を、小さな飴で幸せにしてくれる素敵なおじ様です。川沿いをゆっくり自転車を走らせていると、藤棚の下で、のんびりと食事している親子連れや熟年女性グループがいました。ふと、外国回りをしている安倍首相の顔が浮かんでしまいました。私達のささやかな幸せを奪うような憲法改悪や消費税増税の邪念を捨てよ!!と、つくづく思いました。もうじき、5月3日、憲法記念日です。「憲法を瞳のように大切に!」

コメントは受け付けていません。