都立第五福竜丸展示館

e7acace4ba94e7a68fe7ab9ce4b8b8
5月6日、この場所から原水爆禁止世界大会に向けて、国民平和大行進が出発します。新興吟詠会のYさんは広島の被爆者で、「原爆行」の漢詩を吟じています。「原爆行」を作詞した土屋竹雨は、ビキニ環礁で被爆した第五福竜丸について、漢詩「水爆行」に詠んでいます。第五福竜丸展示館は、昨年から9ヶ月間、改修で見学できませんでしたが、ようやくリニューアルが終わりました。展示館を訪ねたYさんが「水爆行」の話をすると、説明員の方は「この詩のことは初めて知りました」と言い、詩文を資料として受け取ってくれました。広島・長崎は原爆、第五福竜丸は水爆で被害を受けました。館内の展示パネルを見ると、核保有国による核実験で、世界の多くの人達が放射能汚染で亡くなり、健康を損なったのが、よくわかります。この日は、修学旅行の中学生も次々に入館して来ました。第五福竜丸は、ボロボロの木造船ですが、たくさんの人達の努力で「核兵器廃絶」「平和な世界を」と、発信し続けています。今年は、国民平和大行進の出発集会に参加したい、と思いました。展示館リニューアル記念として、女優の吉永小百合さんから胡蝶蘭の花が届いていました。全国各地の児童・生徒の千羽鶴も飾られていました。Yさんは、「ヒバクシヤ国際署名を皆に訴えて行きたい」と話していました。安倍政権も早く、核兵器禁止条約に賛同すべきです。

コメントは受け付けていません。