地下鉄博物館です。

e59cb0e4b88be98984e58d9ae789a9e9a4a8e381a7e38199
東京メトロ・葛西駅の高架下に地下鉄博物館があります。初めて入館してみました。面白かったです。地下鉄の工法、歴史や東京の街の発展など色んなことが学べます。指令所のモニターの前に座ったら、脇の画面に帽子をかぶった私がいました。頭を上下左右に動かしても帽子は脱げません。子どもの頃に「鉢かずき姫」と言う民話を読みましたが、姫の頭から離れない鉢のことを思い出しました。脱げない帽子に戸惑いながら、メトロの指令職になった気分です。次のコーナーでは、運転の疑似体験をしました。電車の運転、楽なようで難しいです。地下鉄工事のシールドマシンも興味深く見て来ました。東京の地下鉄で一番古いのは銀座線。昭和2年12月に開通した時、施工した大倉土木の創始者・大倉喜八郎氏が詠んだ短歌を袱紗に染めて配布したそうです。「地下鉄は世に珍しき初ものと利便と幸をのせて開業」、大倉喜八郎氏は91歳だったとのこと。大倉土木が現在の大成建設ということも知りました。入館料は210円、説明の職員さんが親切でした。リピーターになりそう!

コメントは受け付けていません。