喜寿の御祝い

e5969ce5afbfe381aee5bea1e7a59de38184
中葛西の柴崎正敏さんが喜寿を迎え、御祝いの会がありました。柴崎さんは、映画「奴隷工場」で知られている日本ロールで働いていました。1960年代、労働組合を作ったことを理由に会社は、柴崎さんをふくめ、多数の労働者を解雇しました。それから長い闘いが始まりました。寒い日、ピケを張った時などに、励まし合って歌ったのがきっかけで、うたごえ運動を知った柴崎さん。長い争議の中で、心が折れそうな時、支えになったのが歌だったそうです。今は、「みすゞを歌う会」などに参加。喜寿を祝う会は、御自身企画の心暖まる集いでした。労働者としての誇りと楽天性に、私も励ましをもらいました。「歌声喫茶ともしび」の皆さんも大活躍でした。蛇足ではありますが、「柴崎さんは、歌が上手いんだ!」と、感心してしまったひとときでした。

コメントは受け付けていません。