奈良達雄先生受賞祝賀会

e5a588e889af
1月30日、歌人・奈良達雄先生の「下町人間庶民文化賞」受賞祝賀会に出席しました。1970年代初頭、奈良先生は教職を辞して、日本共産党の専従活動家になりました。その後、約20年間に10回、選挙に立候補されたそうです。お連れ合いの倭三千子さんが「当選は一度もありませんでした」と仰っていました。日本共産党の土台を築いて来た先生方のご苦労に尊敬!です。下町のノーベル賞とも言われている立派な賞を受けられた奈良達雄先生は、春風のようなやわらかさと暖かみを感じる方でした。

コメントは受け付けていません。