団旗はためく

e59ba3e69797
葛西消防団の操法大会です。消防団長への選手宣誓。各分団の団旗が初夏の風にはためいています。5人一組での操法演技は、2ケ月位前から練習するのだそうです。詩吟の舞台に立つ時、先生に「練習は本番のように、本番は練習のように」と言われますが、操法演技も同じでしょう。そうはいっても、思い通りにならないのが世の常です。練習の時の方が良かった分団もあったかもしれませんが、暑さの中、お疲れさまでした。団員の皆さんは、仕事を終えた夜に、練習に励んでいます。真摯な姿に敬服しています。

コメントは受け付けていません。