立川駅北口です。

e58c97e58fa3
目立たない場所に、若山牧水の歌碑があります。日本共産党歌人後援会が出版した「歌碑のある風景」で、碓田のぼる先生が紹介しています。牧水が、歌友の土岐善麿と多摩地域を旅した時に詠んだ短歌とのことです。
「立川の驛の古茶屋さくら樹のもみじのかげに見送りし子よ」
現在の立川からは想像もできない明治の風景だったことでしょう。立川に行ったら、ぜひ歌碑の前に立ってみてください。また、「歌碑のある風景」は、万葉歌人から啄木や晶子などの歌碑を紹介している好著です。一冊千円です。
注目の立川市議選は22日投票。日本共産党の5人全員当選、勝ち取りたいです。

コメントは受け付けていません。