スーパー堤防建設予定地に東京選出の国会議員が登場

e382b9e383bce38391e383bc
昨年夏の参議院選挙で当選した小池晃参議院議員、吉良よし子参議院議員、そして田村智子参議院議員と笠井亮衆議院議員が視察と激励に、江戸川に来てくれました。4人の国会議員が揃うと迫力です。北小岩1丁目地区では、区と国の強引な事業によって、残っている建物はわずか数棟になっていました。「スーパー堤防差し止め訴訟」の原告の方々と地域を回りましたが、まるで廃墟と化した有様に驚きました。壊された家の一つ一つに平穏に暮らす家族が住んでいたのです。その暮らしが、治水に役立たない無駄な大型公共事業のためにメチャメチャにされたのですから、大問題です。コンクリートの基礎だけになった家々を見て、涙が出てしまいました。篠崎の妙勝寺のご住職の母上は「この事業が皆に役立つものなら何も言いません。しかし、どうしても納得できない不条理な事業です」と、揺るがぬ思いを述べられました。自民党、公明党は「国土強靱化」「防災減災ニューディール」とか言っていますが、街壊しと税金無駄遣いの大型開発を厳しく告発し、やめさせたいです。
この点でも都知事選挙は重要です。

コメントは受け付けていません。