2021 年 5 月 のアーカイブ

5月28日 オリンピック中止の陳情

2021 年 5 月 29 日 土曜日

1622195337304午後、都議会文教委員会が開かれました。委員会で注目だったのは、「東京2020オリンピック・パラリンピック中止を求める陳情」への各会派の態度でした。東京2020五輪大会は、コロナウイルス感染が続いているため、世論調査では7~8割の人が中止か再延期するべき表明しています。陳情への質問は、とや恵津子都議が50分近く質問。質問の最後に、東京2020五輪大会は、命最優先の立場で、はっきり「この夏の大会は中止を」と、求めました。立憲民主も、中止すべき、の意見表明。最大会派の都民ファーストは、  開催した場合のコロナウイルス感染リスクなどを並べた短い意見表明のみ。自民党、公明党は何も述べませんでした。起立採決の結果は、中止に賛成を表明したのは、日本共産党と立憲民主だけで、陳情は不採択になりました。東京都の答弁は「安心安全の大会にする」を繰り返すだけで、何の説得力もありませんでした。小池知事のパフォーマンスだけでは、安全な大会とはならず、コロナ禍はおさまりません。子ども達の学校観戦もやめさせなければ、公立学校81万人、私立学校9万人、計90万人の子ども達が感染リスクにさらされます。

6月1日から第二回定例会都議会

2021 年 5 月 27 日 木曜日

dsc_1182本会議が始まります。今週28日は、第二回定例本会議に向けての各局の議案説明と陳情審査の文教委員会が開かれます。陳情は「オリンピック中止を求める」「情報公開制度の改善を」の趣旨の二本です。都民の皆さんからの意見を聞き、十分に審議しなくてはなりません。6月1日からの本会議も重要です。6月2日が知事への代表質問の予定。北区選出の曽根はじめ議員が小池知事に質問します。傍聴ができるようになりました。お早めにご予定ください。わが家のドクダミ、今年もきれいに咲きました。毎日、お花見です.

原純子さんと小池晃書記局長

2021 年 5 月 26 日 水曜日

162193869920929日午後3時から、船堀駅でお話します。太田彩佳衆院小選挙区16区候補も一緒です。コロナ禍で不安いっぱいの政治を変える希望を語る演説会です。スマホ、パソコンのオンラインでお聞きください。お茶の間へ小池晃参議院議員、原純子都議予定候補が伺います。拡散お願いします。

コロナウィルス・ワクチン

2021 年 5 月 20 日 木曜日

dsc_1184_今朝届いた江戸川区の広報です。「国の想定を基に、65%の区民の方が接種を希望すると見込んでいます。」と書いてあります。また、「なお、ワクチンは希望者全員分が確保されているので、ご安心ください。」ともあります。国が「接種希望者を65%と想定」が、今の混乱をつくってしまったのかな!と思いながら、読んでいます。

コロナ感染防止協力金

2021 年 5 月 17 日 月曜日

16210850579811申し込みについて、ご不明なことは、日本共産党事務所へお問い合わせください

5月のバラ

2021 年 5 月 13 日 木曜日

5e69c88e381aee38390e383a91_r1
新婦人の産直野菜を届けながら、船堀のSさんを訪ねました。ちょうど、バラの鉢植えの手入れをしていて、「お家で飾って」と、切ってくれました。テーブルの上が華やかです。コロナ感染で不安いっぱいですが、バラの輝きに元気をもらっています。国政では、内閣官房参与の要職人物が、不安いっぱいのコロナ感染を「さざなみ」などと言って言って、国民の怒りをかっています。この間は、森喜朗元五輪組織委員長の女性蔑視発言、今度は国民の命を軽視しすぎの心ない発言です。日本医師会会長が、自民党国会議員の政治資金パーティーの呼びかけ人になっていたり。この国をどんどん歪める自公政権に、退場してもらうしかないですね。 (続きを読む…)

都営大江戸線です

2021 年 5 月 12 日 水曜日

dsc_11507110日夜、都庁前駅で大江戸線に乗りました。車内を見て、エッ!と声をあげてしまいました。車内が「東京2020大会」、オリ・パラ大会の紅色広告だらけ。朝はこんな風ではなかったのに⁉️新型コロナウイルスの感染は全く収まる様子がなく、多数の人が命を大切に考えるなら、オリンピックは中止してほしい、と言っています。それなのに、「この車内広告は何なの!」と私でなくても感じるでしょう。東京都も組織委員会も菅政権も、国民をどこへ連れていくつもりなのでしょう。次の駅で降りて、車体を見たら、ここもオリ・パラのユルキャラを張り付けてありました。日本共産党は、「今夏のオリンピックは中止を」と考え方を明らかにしています。科学の目で事態を見て、東京都、国は多数の人達の意見に真摯に向き合うべきです。