2020 年 9 月 のアーカイブ

新興吟詠会9月例会

2020 年 9 月 25 日 金曜日

e5909fe8a9a0e4bc9a2

連休とコロナ禍で参加が心配でしたが、22日に11人の参加で、2ヶ月に一度の東京支部の例会を開くことができました。一番遠いのは銚子のMさん、昭島のHさんも2時間かけての参加でした。私は、本会議質問の準備で悩みながら参加、早退しました。86歳のHさんは、毎日1首短歌を詠み、漢詩の創作にも励んでおられます。Hさん作の漢詩「憲法9条は日本の宝」にMさんが吟譜をつけて、みんなで吟じました。別々の流派で習っているのに、息が合って上手に聞こえました。この吟をそれぞれが独習して、11月に大阪で開かれる全国大会に行こう、と意気投合!コロナに負けず、平和の思いを吟じ続ける意欲が満々でした。

秋の彼岸です。

2020 年 9 月 22 日 火曜日

e7a78be381aee5bdbce5b2b81

議会第三回本会議が始まりました。都知事選挙後、初めての定例本会議です。質問、しっかりがんばります

短歌は、春の山菜摘みの思い出です。「竹篭を背負いて幻の父に着く三つ葉わさび菜の香る山路を」

平和のための戦争展・2

2020 年 9 月 19 日 土曜日

e688a6e4ba89e5b195長崎で被爆した高比良さん(親江会事務局長)製作の原爆ドーム(縮尺75分の1)です。右側は長崎の原爆瓦です。被爆の日から75年、必ず核兵器をなくそう、と信念を貫いて生き抜いて来られたヒバクシャの方々。その歩みに私の一歩も重ねさせていただきたいです。

平和のための戦争展にて

2020 年 9 月 16 日 水曜日

e688a6e4ba89e5b195efbc92e688a6e4ba89e5b195efbc91

今年も多くの人が力を合わせて、9月12、13日の2日間、船堀のタワーホールで「平和のための戦争展」が開かれました。1日では見終わらないほどの展示がされ、ステージも講演や朗読、被爆体験や東京大空襲の証言など多彩な催しがありました。初めて参加した方が「資料の多いのに驚きました。平和の大切さをひしひしと感じました。」と、話していました。私も短歌で参加しました。かわいいネコの写真もどうぞ!

嬉しいポポー!

2020 年 9 月 16 日 水曜日

e381bde381bde383bc

山田清さんから、今年もいただきました。東京では、市場に出回っていません。甘い香り、幸せです。いよいよ18日から第三回定例本会議です。ポポーを食べて、元気に頑張ります。

東京の総選挙候補勢揃い

2020 年 9 月 11 日 金曜日

e58099e8a39c69月8日夕方、新宿駅西口です。比例代表候補、小選挙区候補が志位和夫委員長と一緒に大型宣伝カーの上に勢揃いです。ちょうど暗くなり始めた時間で、はっきり撮れてないですが、江戸川区の16区、太田彩花候補もデビューしました。25歳です。(右から6人目) 20代、30代の若い世代が多く、期待を込めて大きな拍手を送りました。

夏の終わりに

2020 年 9 月 3 日 木曜日

e5a48fe381aee7b582e3828fe3828a

キョウチクトウが空高く咲いています。

平和を願う女優さん達の朗読劇「夏の雲は忘れない」は昨年夏で終わりました。出演者の高田敏江さん、柳川慶子さん、長内美那子さんが声をかけてくださったご縁で、江戸川区の船堀タワーホールで、二回上演したことがあります。昨最後の公演に行きました。開演の時、スクリーンいっぱいに青い空とキョウチクトウのピンクの花が映し出されました。その時、隣の席のヒバクシャの方が「あっ」と小さく声をあげました。194586日、被爆した瞬間を思い出されたのかな、と想像しました。ヒバクシャの方々のお話を聞くと、どの方も悲惨な体験をされています。「生きて地獄を見た人は、何十年経っても、あの日を忘れることはない!」のです。キョウチクトウは、あの夏も薄桃色の花を咲かせていたでしょう。強い生命力のキョウチクトウ。私達も「日本政府は核兵器禁止条約に署名、批准を!」の声を強くして、必ず実現させましょう。