2020 年 7 月 のアーカイブ

都営住宅入居者募集

2020 年 7 月 29 日 水曜日

e983bde596b6e585a5e5b185e88085

8月17日()~25日()に、申込書配布です。ポイント方式の募集は1290戸、単身者向き外385戸です。詳しくは最寄りの日本共産党議員にお問い合わせください。入居を希望する人達の願いがかなうよう、増設を粘り強く要求し続けましょう!

原純子事務所オープン!

2020 年 7 月 28 日 火曜日

e58e9fe7b494e5ad90e4ba8be58b99e68980efbc92e58e9fe7b494e5ad90e4ba8be58b99e68980

配置やマスク着用、消毒の徹底とスタッフが大活躍でした。練馬をはじめ区外からも原純子さんのお友達が参加してくれて、楽しく活気に満ちたつどいでした。この事務所は家主さんのご好意で、10年間貸していただき、都議会議員の活動を続けることができた大事な場所です。「憲法を瞳のように大切に!」の願いを込めたガラス窓、忘れられない思い出とともに、今もあります。近い将来、原純子さんの都議選への決意の言葉が、この場所に掲げられるでしょう。定数5の江戸川区で、日本共産党の議席を必ず引き継げるよう、皆さんの励ましを力に、原純子さんと力いっぱい走り抜きます。

上下水道料金の支払い猶予延長

2020 年 7 月 23 日 木曜日

e4b88ae4b88be6b0b4e981931

東京都は、これまで4ヶ月間としていた上下水道料金の支払い猶予を最長1年間に延長しました。コロナウィルス感染拡大の影響で収入減になった場合などに水道局のお客さまセンターに申請すると、1年間、支払い猶予になります。今年の9月30日受付分までです。個人、法人とも対象です。コロナ禍で生計が困難な時は、ためらわず申請しましょう。日本共産党都議団は、基本料金免除も実施するよう要求しています。

江戸川区原爆犠牲者追悼式

2020 年 7 月 21 日 火曜日

e6b19fe688b8e5b79de58e9fe788861e6b19fe688b8e5b79de58e9fe788862

7月19日、第40回江戸川区原爆犠牲者追悼式が、中葛西の滝野公園で行われました。今年は、コロナ感染防止で、追悼碑への献花を主にした短時間の式でした。江戸川区原爆犠牲者の会、親江会の山本宏会長が「核兵器廃絶」への願いを込めた挨拶と、広島で被爆し犠牲になった佐々木貞子さんの千羽鶴を謳った「原爆少女の像」の漢詩を吟じました。堂々とした吟詠でした。また、区内の小学生からの折り鶴が、山本会長と高比良事務局長に手渡されました。私も原純子さんや党区議団と一緒に白菊を追悼碑に奉じました。核も戦争もない世界へ、力を合わせましょう。

Spend Money

2020 年 7 月 19 日 日曜日

spend-money

お金を使おう、と呼びかけるポスターが、バス停前の掲示板に貼ってありました。「S tay Homeの後はSpend Money」、わかりやすい呼びかけをしているのは、区の商店街連合会です。新型コロナウィルスの感染拡大で外出自粛と休業要請で静まりかえっていた商店街。遠慮がちに営業再開していますが、客足は遠のいたままのようです。「特別定額給付金は区内で使って!」と呼びかけないと、閉店、廃業が増えてしまいそう。身近な地域の商店街を守りたいです。まず、我が家は電子レンジが壊れてしまったから、近くの電器店で購入することにします。小さな洋裁店を持つ友人から、「やっと家賃支援の給付が決まった。」とメールが来て、ホッとしました。感染者が増えている東京都です。暮らしの声を国や東京都にしっかり突きつけ、必要な対策を実施させなくてはなりません。

百合のつぼみ

2020 年 7 月 13 日 月曜日

e799bee59088e381a4e381bce381bf毎年、白い花が咲くタカサゴユリです。今年は二輪のようで、どんな姿になりますか。梅雨前線、線状降水帯の豪雨で、九州北部 地域や岐阜、長野など中部日本で またしても大水害。故郷・愛媛も犠牲者が・・!被災地の方々の涙をテレビの画面で見るたびに、心が沈みます。「災害がない国土作り!」知恵と力を集めましょう。百合のつぼみも梅雨明けを待っているようです。

臨時都議会が開会

2020 年 7 月 9 日 木曜日

e887a8e69982e983bde8adb0e4bc9a

7月17日から27日まで、臨時都議会が開かれます。総額3132億円の都補正予算案などが審議されます。財源は主に、国の新型コロナウィルス関連の第二次補正予算による国費です。小池都知事再選直後の臨時議会です。都民の声に耳を傾けさせましょう!

宇都宮けんじ候補・西葛西駅前で訴え

2020 年 7 月 5 日 日曜日

e5ae87e983bde5aeaee8a5bfe8919be8a5bf

都知事選挙最終日の5日、宇都宮けんじ都知事候補が、直接マイクを握って必勝の訴えをしました。市民の一人として、LGBTコミュニティ江戸川代表の七崎良輔さんが宇都宮けんじさんの人柄を紹介して支持の訴え。立憲民主党のよぎ区議会議員、同じく立憲民主党の落合貴之衆議院議員、日本共産党の田村智子参議院議員が、「いのちとくらし守る宇都宮けんじさんを都知事に!」と熱い応援。最後に宇都宮けんじ候補が「17日間の都知事選挙を戦いながら益々都知事にならなければ!と決意が固くなっている」と、PCR検査に消極的な小池百合子都知事の政治を示しながら、都民の願いかなえるためにも 必ず都知事に!と支持を訴えました。バス停で待つ人や、通りかかりの人達が宇都宮けんじさんの話に耳を傾けていました。街頭演説の最中に、上空は羽田空港への飛行機が音を立ててひっきりなしに飛びました。羽田新ルート・低空飛行はやめよ、との公約をしているのは、宇都宮けんじさんです。必ず勝利を勝ち取りましょう‼️

都立病院、公社病院の独立行政法人化はダメ❗

2020 年 7 月 4 日 土曜日

e983bde7ab8be79785e999a2

新型コロナウィルス感染が拡大し、都立・公社病院が感染者の治療に全力を尽くしていた最中、独立行政法人化を3年後の2022年までに行う、と言った小池百合子都知事。冷たいです。東京都の意見公募の1511件のうち、9割が独立行政法人化に反対です。「都民が決める、都民と進める」と言っている小池都知事は、都民の命を守る意思を持っていないと言わざるをえません。「都立、公社病院の独立行政法人化は反対、医療を守る」と明言している宇都宮けんじさんの支持をひろげましょう。