2016 年 4 月 のアーカイブ

満開のジャスミン

2016 年 4 月 27 日 水曜日

e6ba80e9968be382b8e383a3
宇津木丈夫さんが公園ボランティアでネットに咲かせたジャスミンです。3メートル位の高さがあります。間もなく、隣に琉球朝顔のツルが伸びて来るそうです。琉球朝顔は青紫、参議院選挙の頃に咲くでしょうか。山添拓さんを国会へ、比例区で日本共産党が躍進して、田村智子さんに引き続き活躍してもらえるよう頑張って、晴れ晴れと朝顔の花を見上げたいです。

朝鮮第五初中級学校70周年祝祭

2016 年 4 月 26 日 火曜日

e69c9de9aeae
24日の日曜日、墨田区八広にある朝鮮第五初中級学校70周年祝賀の集いに出席しました。朝のうち降っていた雨が上がって、生徒達も嬉しそうでした。歌、舞い、民族楽器の演奏と生き生きして、明るい笑顔がいっぱいでした。ふと、熊本や大分の学校に行けない子ども達のことが思い浮かびました。無事にこの大災害をのり越えてほしいものです。子ども達の笑顔は希望です。朝鮮学校の皆さんに元気をもらって帰って来ました。

羽田空港増便問題学習会

2016 年 4 月 23 日 土曜日

e799bde79fb3
都議団の白石たみお都議が講師の学習会に参加しました。主催は「航空機の都心低空飛行に反対する江戸川区民の会」です。白石都議は、羽田空港増便が住民生活に与える影響について、〓騒音〓大気汚染〓安全性、の三点に要約して報告しました。国土交通省は、羽田増便を「経済発展のために必要不可欠」と説明しています。しかし、江戸川区南部では、今でも航空機騒音に悩まされており、増便を強行すれば、生活環境や健康に影響することが心配されています。「住民は我慢をせよ」と言わんばかりの姿勢は認められません。参加者から「これ以上の騒音は耐えられない」「かつて、江戸川区が区長、区議会、区民が力を合わせて国を提訴した時のように、はっきり地域から声を上げて行こう」等の発言が続きました。この声を、区、都、国に届けて行くために私も頑張りたい、と思った学習会でした。

公園ボランティア

2016 年 4 月 20 日 水曜日

e585ace59c92
公園のまわりに花鉢が数えきれないほど並んでいます。尊敬する先輩の宇津木丈夫さんが朝に、昼に、夕に花の様子を見に行っています。老々介護に日々を過ごすようになって、10年近くになりました。俳句づくりも真剣です。宇津木さんの最近の一句です。
車椅子の妻は戦友桜降る
花も俳句も達人です。

4月23日午後2時に船堀駅へ

2016 年 4 月 19 日 火曜日

e8a197e9a0ad
街頭演説を行います。参議院東京選挙区予定候補の山添拓さん、田村智子参議院議員・党副委員長がお話します。山添さんを支援している女性弁護士、ゼロ歳の赤ちゃんを育てているホヤホヤママさんも登場します。及ばずながら、私も訴えます。ぜひ、お運び下さい。

熊本地震救援募金

2016 年 4 月 17 日 日曜日

e59cb0e99c87
16日夕方、西葛西駅で大橋みえ子区議、後援会の方々20名で救援募金を訴えました。子ども達もすすんで応えてくれました。できることから、支援を強めましょう。

熊本地震

2016 年 4 月 15 日 金曜日

e7868ae69cac
甚大な被害です。どんなに怖かったことでしょう。助かった皆さん、安全で暖かい場所で、体調を整えて欲しいです。ようやく季節は春になったのに、悲しい4月ですね。

沖縄に咲く仏桑華

2016 年 4 月 15 日 金曜日

e6b296e7b884efbc92
「仏桑華そこには咲くなそこは基地汝が紅(ながくれない)は沖縄のもの」
日本共産党の元衆議院議員、故・山原健二郎さんの短歌です。碓田のぼる先生は「仏桑華を詠んだ短歌で、この短歌の右に出るものを私は知らない」と評しています。碓田先生の2001年エッセイ集「時代を撃つ」に、山原さんの次の短歌が紹介されています。「コメ・非核・九条も捨て国是なし国の行方のただごとならず」 20世紀末に詠まれた短歌です。山原さん、碓田先生の眼力に敬服です。参議院東京選挙区の山添たくさんを先頭に、ただごとでない安倍政権の黒い野望を打ち砕かなくては!

沖縄キャンプシュワブ前

2016 年 4 月 9 日 土曜日

e6b296e7b884
今年に入ってほとんど休みが無かったのですが、機会に恵まれて沖縄へ行って来ました。本島の北部、中部、南部を車で案内してもらい、辺野古は必ず行きたい、とお願いしました。米軍基地移設は許さない、とテントがずらっと並んでいました。目の前は、キャンプシュワブのゲートで、米兵達がヘルメットをかぶって立っていました。基地のすぐ向こう側は、青い海が広がっています。嘉手納基地の近くにも行きました。同行の1人が「基地が経済を支えているんでしょ」と質問したら、那覇に住んでいる友人が「基地は5%、観光が35%くらい」と明快に回答。青い海、緑の木々、白い砂、色とりどりの花々、やっぱり沖縄は基地の島でなく観光の島がふさわしい。珊瑚礁を守る財政作りの「35ちんすこう」をお土産にいただきました。県議選、頑張ってください。

銀座の桜

2016 年 4 月 4 日 月曜日

e98a80e5baa7
銀座は、おしゃれで華やかな街。「女子会」とやらに誘われて、銀座で食事をしました。途中に桜並木があり、古い木造の建物が桜に囲まれて建っていました。なんとも言えない風情があって、「銀座が好き!」という人の気持ちが、ちょっぴりわかりました。東京は、高さ百数十メートルのビルが次々にあらわれる大規模開発が続き、これからも「国家戦略特区」とかで、開発の波が押し寄せて来そうです。銀座は「銀座ルール」で高さ規制などがあったとか。だから、落ち着いた街並みが残っているのでしょうか。開発の波に呑み込まれず、風情ある景観を保っていて欲しいものです。