2015 年 8 月 のアーカイブ

日比谷公園です。

2015 年 8 月 31 日 月曜日

e697a5e6af94e8b0b7
大橋みえ子区、葛西地域の方々と一緒に参加しました。目の前を、列を作って人が流れて行きます。国会周辺は、もっとすごいでしょう。小池晃参議院議員の話が始まりました。

タワーホール・絵手紙

2015 年 8 月 31 日 月曜日

e688a6e4ba89e5b195efbc91e688a6e4ba89e5b195efbc92
8月29・30日、「平和のための戦争展」が、タワーホール船堀で開かれました。新日本歌人協会江戸川支部の一員として、私も短歌出詠で参加しました。目をひいたのは、新日本婦人の会のパッチワークや絵手紙。優しくきれいで、平和を守る思いが込められていました。展示とプログラムの内容は多彩で紹介しきれません。多くの人の協力で続いている大事な「戦争展」です。恥ずかしながら、私の一首です。
「赤色のTシャツ夏陽に炎立ち戦争法案反対のコール轟く」
国会前にも、fbカバー写真の赤色Tシャツを着て行きます。

日暮里から谷中へ

2015 年 8 月 30 日 日曜日

e697a5e69aaee9878c
仕事で谷中に行きました。降りた駅はJR日暮里。1950年頃、私は少しの期間、日暮里に住んでいて、母に連れられこの界隈を歩いていました。憶えていることは何も無いのですが、なんとなく懐かしい気持ちでした。谷中は、お寺とお墓がたくさん有り、不思議な雰囲気の街でした。千駄木の駅に行く道は、右も左もお寺だらけ。落語家の三遊亭円朝の菩提寺があり、幽霊画展のお知らせが張ってありました。もう、涼しくなって来たから、幽霊さんも休暇を取ったら良いかもです。回り道して「夕焼け段々」を見に行き、谷中銀座でお昼のお弁当を買いました。450円、おいしかった。おっと、忘れていました。日本共産党の「戦争法案ストップ!」のポスターが目立っていました。

錦糸町・伊藤左千夫の歌碑

2015 年 8 月 25 日 火曜日

e4bc8ae897a4
JR錦糸町駅南側に伊藤左千夫の歌碑があります。その横に、伊藤左千夫が明治時代、乳牛3頭を買って、この地で牧場を開いたと記したプレートが立っています。質素な牧舎で、1日17時間働いていたとのことです。小説「野菊の墓」はよく知られており、正岡子規の門下生としてアララギ派の中心歌人としても力を発揮した伊藤左千夫。牧場の仕事と文筆活動の両立は、とても努力が必要だったでしょう。歌碑の短歌は、わが子を愛し育てた左千夫の思いが表れています。「よき日には庭にゆさぶり雨の日は家とよもして児等が遊ぶも」
プレートの写真に残された左千夫の表情はにこやかです。この後、左千夫の後継者の斉藤茂吉等が、戦争賛美の短歌を詠む時代が到来します。再び、あの時代に逆戻りしないよう、「戦争法案は廃案しかない!」と強く声をあげましょう。30日午後2時、国会前で会いましょう。

路地裏のポスター

2015 年 8 月 17 日 月曜日

e8b7afe59cb0e8a38fefbc91e8b7afe59cb0e8a38fefbc92
細い道が入り組んだ南小岩を歩いていたら、このポスターが張ってありました。30日の「総がかり行動」参加を呼び掛けています。裏通りからも「戦争法案反対」の意思表示がされています。15日は、セバタ区議、小俣区議、後援会の人達と七十年目の敗戦の日の宣伝行動、その後、旧中川での東京大空襲犠牲者慰霊の灯籠流しに参加しました。子ども達の灯籠には「戦争反対」の文字が並び、若者は「戦争の誤りは繰り返さない」と書いてありました。みんなが平和を願っています。私は大きく「戦争法案 廃案!!」と書きました。

玄海原子力発電所

2015 年 8 月 12 日 水曜日

e78e84e7958c1e78e84e7958c2
玄海エネルギーパークに行きました。海側に、玄海原子力発電所があります。原子炉4基のうち1基廃炉になるから3基が稼働準備中とのことで、エネルギーパークには実物大の加圧式原子炉模型が展示してありました。格納容器は45メートルの高さ、中におさまっている原子炉は高さ15メートル。核燃料棒はウランのペレットで作られています。百聞は一見にしかず、とかで原発の仕組み、巨大さを知りました。エネルギーパークは九州電力のPR施設ですから、原発のリスクについては、ほとんど説明がありません。11日、九州電力は「再稼働やめよ」の世論を押し切って、川内原発の稼働を始めました。テレビニュースで住民が、「万一事故が起きた場合の避難路も確保されてない」と不安を訴えていました。九州電力がお金をかけたエネルギーパークで、安全を強調されても「原発ゼロこそ第一の安全」と感じました。

長崎新聞

2015 年 8 月 10 日 月曜日

e995b7e5b48ee696b0e8819e
8月9日、長崎新聞の朝刊紙面は、平和の願いが込められていました。折り鶴が何羽も大空を飛翔しています。東京では見たことがない紙面構成です。

浦頭です。

2015 年 8 月 9 日 日曜日

e6b5a6e9a0ad
8日、佐世保軍港の調査行動に行きました。大型バス8台の参加でした。自衛隊のイージス艦、補給艦、米軍のミサイル迎撃艦などが港に停泊していました。米軍住宅近くにも行きました。米軍基地は、日本の思いやり予算が惜しみなく投入されていると説明があり、驚きでした。米軍住宅の水道光熱費も日本の負担、私達の税金があてられている、そのことを圧倒的多数の国民は知らないのだから、おかしな日米関係です。長崎市内に帰る途中、浦頭に寄りました。第二次大戦敗戦のあと、中国大陸等からの引き揚げ船が着いた港です。引き揚げ記念資料館に歌手・加藤登紀子の色紙がありました。二歳で引き揚げ船に乗って日本に帰ってきた加藤登紀子さんの思いが綴られています。満州からの引き揚げのことは、漫画評論家の石子順さんが、ちばてつやさん、赤塚不二男さん、森田拳次さん達の著名な漫画家と、当時の様子を本にしています。涙なくしては読めません。戦争で苦しむのは、犠牲になるのは国民です。戦争はダメです。今日は8月9日、長崎への原爆投下70年目の日です。

原水禁世界大会・長崎

2015 年 8 月 8 日 土曜日

e58e9fe6b0b4e7a681
1日目の全体集会が終わりました。私は、第二会場でスクリーンの映写を見ての参加でした。世界大会にふさわしい国際色豊かな内容です。全世界で核兵器と戦争をなくす運動が続いています。田上長崎市長の挨拶も素晴らしかった。文化行事も、心揺さ振られる内容でした。1日目が終わり、続々と会場から人が出て来ます。2日目、私は佐世保基地調査活動の分科会に参加です。

セミの脱け殻

2015 年 8 月 5 日 水曜日

e382bbe3839f
緑の木々からシャワーのようなセミの声が聞こえます。アジサイの葉にセミの殻が張りついていました。セミの脱皮は美しいと聞きます。透き通るような姿を一度は見たいものです。命の本体を失った脱け殻は、なんとなく安倍政権を想起させます。憲法違反の戦争法案に説得力がない答弁を繰り返す安倍首相、言論弾圧発言の大西英男衆議院議員(東京16区の人々は怒っています)、磯崎首相補佐官と武藤衆議院議員のトンデモ発言、政権は追い詰められています。