2014 年 8 月 のアーカイブ

お祝いの花束

2014 年 8 月 26 日 火曜日

e3818ae7a59de38184
小岩消防団の受章祝賀会でいただいたお花です。胡蝶蘭、カサブランカなどわが家では手が出ない高価なお花にうっとりです。折しも、夫の短歌二首が「新日本歌人」誌9月号に初掲載されました。碓田のぼる先生の教室に通いはじめて3年余り経ちましたが、初掲出になって大喜びです。素直にお祝いしてあげようと、いただいたお花ですがテーブルに「おめでとう!」の気持ちを込めて飾りました。

小岩消防団・消防庁長官表彰

2014 年 8 月 23 日 土曜日

e6b688e998b2e5ba81
22日、小岩消防団の消防庁長官表彰受章祝賀会に出席しました。小岩消防団は、1947年12月に創立。全国に2200余の消防団がある中で、消防庁長官表彰を受けたのは、団員と家族、関係者の方々の努力の賜物だと思いました。喜びいっぱいの皆さんと一緒の時間が過ごせて爽やかな気持ちでした。ちなみに表彰旗は刺繍がほどこされていて豪華、「ン十万はします」と説明してもらいました。小岩消防団の宝物として大切にされることでしょう。

アツーイ!

2014 年 8 月 20 日 水曜日

e382a2e38384e383bce382a4
冷房がきいた朝のバスを降りた途端、ムーと熱気が身を包みました。何日か涼しい日が続いたせいか、体にこたえます。沖縄・辺野古では猛暑の下、米軍新基地移設に反対する闘いが展開されています。東京の空には、米軍のMV22オスプレイが断りもなく飛来しました。この国の空も海もアメリカのもの?と言いたくなる横暴さです。灼熱の陽を受けながら毅然と咲いているダリアの花。私達の国の品格が問われている、と安倍首相に教えなくてはなりません。

ヘクソカズラ

2014 年 8 月 18 日 月曜日

e38398e382afe382bde382abe382bae383a9
今夏、わが家でデビューしたヘクソカズラです。花は可愛らしいのに、手折ると独特の匂いがします。FBで友達の阿部誠行さんがお好きな花だそうです。咲いているだけなら匂いがないから、もう少し良い名前にしてあげたいものです。今日は月曜日、数日ぶりに都庁へ行きました。雑用と勉強会であっという間に夕方。「学なりがたし」を実感しつつ、9月の審議会や委員会準備に入ります。忙しい週が始まりました。

旧中川の灯篭流し

2014 年 8 月 16 日 土曜日

e697a7e4b8ade5b79d
15日夜、旧中川で、東京大空襲の犠牲者を追悼する灯篭流しが行われました。あの夜、川にとび込んで空襲から逃れようとした三千人余の人々の上に業火が襲い、犠牲になりました。「この川で69年前に起きた惨禍を忘れない」と江戸川区、江東区から地域の人々が集まりました。私は灯篭に「鎮魂」と書き、青い朝顔の絵を添えました。もちろん、憲法9条を守る、集団的自衛権行使容認反対も。灯篭作りのテントに少年少女の姿が目立ったのは心強いことです。

惜別の歌の碑

2014 年 8 月 12 日 火曜日

e6839ce588a51
信州小諸の懐古園・三の門近くにある「惜別の歌」の歌碑。遠き別れに耐えかねて……この詩に曲がついたのは第二次世界大戦末期だそうです。歌碑のそばに、島崎藤村の「高楼」の詩が「惜別の歌」として歌われるようになった経過が記されています。前途有為の若者達が次々に戦地に送られた戦争末期、中央大学の学生達が学友との別れに歌ったのだそうです。永遠の別れとなるのを予感しながら友を送った、また送られた若者達。胸に迫るものがあります。まもなく8月15日。悲しい歴史を繰り返さないように、心して安倍政権の暴走に立ち向かいましょう。

花の命は短くて

2014 年 8 月 11 日 月曜日

e88ab1e381aee591bd
昨日四輪咲きそろったタカサゴユリ。台風11号の風で一輪が散ってしまいました。自然の摂理とはいえ、美しい花姿をもう少しの間、とどめさせてあげたかった。嵐よ、花々に優しくあれ!!

甲斐小泉駅です

2014 年 8 月 9 日 土曜日

e794b2e69690
駅舎が何とも可愛らしいです。無人駅の上、券売機も改札口もない本当に小さな駅です。だけど、ホームからの眺めは雄大。眼前に鳳凰三山、右手に甲斐駒ヶ岳が摩利支天とともに独特の姿で聳えています。この南アルプスの峰々を、踏破した、かつての山旅を思い出しました。山は素敵です。小海線に初めて乗るという友人と一緒に、右に南ア、左に八ヶ岳連峰を眺めながら、小さな旅をして来ました。

海です

2014 年 8 月 7 日 木曜日

e6b5b7
葛西海浜公園・西なぎさです。ボランティアの協力で行われている「里海まつり」に行きました。子ども達を乗せて「べか舟」が、ゆっくりと進んで行きます。かつて葛西の海は「べか舟」が浮かび、海苔養殖や魚釣りの漁師さんの仕事場でした。今は、東にディズニーランド、西にゲートブリッヂを臨むレジャーゾーンです。「里海まつり」は、海面に顔をつけてはいけないルールです。水質が良好とは言えないからです。ちょっと残念ですが、水着姿の親子連れが、貝広いや水遊びを楽しんでいました。安全に過ごせますように!

ねなしかづら

2014 年 8 月 3 日 日曜日

e381ade381aae38197e3818be381a5e38289
6月に行った葛西臨海公園の東なぎさに繁茂していたねなしかづらです。根っこも葉もなくて他の植物の栄養で生きていると説明を受けました。楽そうな生き方みたいだけど、どこに身をおくか生育地を選ばなくてはならないから、案外苦労が多いかもしれません。自分の身をどこに置くか迷っている国会議員達もいるようですが、暮らしと命を守る確固とした視点を貫いて欲しいですね。