2014 年 6 月 のアーカイブ

新日本婦人の会江戸川支部、50周年おめでとう!

2014 年 6 月 26 日 木曜日

e696b0e697a5e69cac
22日午後、新日本婦人の会江戸川支部創立50周年祝賀のつどいがありました。リズム小組の子ども達のあどけなさに気持ちがほんのり。私は、1977年から86年まで、江戸川支部事務局長の仕事をしていました。平和や女性の地位向上などの運動を取り組みました。職場、家庭、地域社会での女性の「3つの平等」をめざしました。「原始女性は太陽であった」と「青鞜」創刊号に書いたのは、新婦人の代表委員だった平塚らいてふさんです。今、お元気だったら都議会の低劣なヤジと数をたのんでの「幕引き決議」を厳しく批判したでしょう。新しい時代を拓いた平塚らいてふさん達の思想が、広く共有されるように努力しなくてはならない情勢です。「女性よ、進め!」らいてふさんの声が聞こえるようです。

小岩消防団操法大会

2014 年 6 月 22 日 日曜日

e6b688e998b2efbc911e6b688e998b2efbc921
雨の中、江戸川の河川敷で小岩消防団操法大会が開かれました。選手宣誓は、第8分団の高梨俊一さん。大きなよく響く声で、力強かったです。操法は、指揮者、1番員、2番員、3番員、4番員の5人一組で各分団が競いあいます。一人一人の役目が決まっていて、総合力が大事だ、とわかりました。「花の2番」と言われるらしいですが、どの人も技に精通しています。雨をものともしない消防団員の方々に敬服!

立川駅北口です。

2014 年 6 月 21 日 土曜日

e58c97e58fa3
目立たない場所に、若山牧水の歌碑があります。日本共産党歌人後援会が出版した「歌碑のある風景」で、碓田のぼる先生が紹介しています。牧水が、歌友の土岐善麿と多摩地域を旅した時に詠んだ短歌とのことです。
「立川の驛の古茶屋さくら樹のもみじのかげに見送りし子よ」
現在の立川からは想像もできない明治の風景だったことでしょう。立川に行ったら、ぜひ歌碑の前に立ってみてください。また、「歌碑のある風景」は、万葉歌人から啄木や晶子などの歌碑を紹介している好著です。一冊千円です。
注目の立川市議選は22日投票。日本共産党の5人全員当選、勝ち取りたいです。

牧野けんじさんと一緒でした。

2014 年 6 月 19 日 木曜日

e789a7e9878e
JR小岩駅北口で朝の宣伝です。牧野けんじさんは38歳。来年4月の江戸川区議会議員選挙に立候補を予定しています。集団的自衛権行使容認で、若者達を戦争に駆り出す政治は認めない、とはっきり訴えていました。四歳の男の子の父親だから、なおさら平和な未来への決意が固いのでしょう。演説は好感度ばっちりです。

立川市議選挙支援

2014 年 6 月 18 日 水曜日

e7ab8be5b79de5b882
中町さとしさんは36歳。東日本大震災と福島第一原発事故の後、「何かしなくては」と、ボランティア活動に参加。今は、日本共産党の市議候補として6月22日投票の立川市議選挙で奮闘中です。ご縁があって応援に行きました。中町さとしさん、浅川修一さん、永元すま子さん、若木さなえさん、上條彰一さんの5人全員当選へ、現地では日夜を分かたぬ猛奮闘が続いています。

消防団操法大会

2014 年 6 月 16 日 月曜日

e6b688e998b2efbc91e6b688e998b2efbc92
江戸川区内の3つの消防団の操法大会が毎週日曜日ごとに行われています。8日は葛西消防団、15日は江戸川消防団、22日は小岩消防団です。写真は江戸川消防団の皆さんが、控えのエリアで準備している様子です。大会に向けて各分団では真剣な練習が続きます。夜遅く、練習帰りの団員の皆さんに出会うと「お疲れさまです」と、頭が下がります。分団の装備もピカピカにみがかれていて、意気の高さを感じます。

梅雨ですね

2014 年 6 月 13 日 金曜日

e6a285e99ba8
政治もジメジメです。公明党が集団的自衛権行使を「限定的条件付きで認める方向」と報じられています。創価学会が「集団的自衛権は、これまでの政府見解を守るべき」と声明を出したのに対し、自民党が「政教一致だ」と揺さぶりをかけていると言われています。「何がなんでも認めよ」と迫る安倍内閣、不安定な公明党、日本の政治の大きな危機です。今朝は小岩駅の宣伝で「安倍首相は戦争のむごさを知らない。共産党を応援します」と、激励がありました。写真は、わが家のアジサイです。清しく咲いています。私の一首。
白紫陽花庭明るませて早十年今年もみごとな花手鞠なり

朗読劇・夏の雲は忘れない

2014 年 6 月 12 日 木曜日

e5a48fe381aee99bb2
7月4日(金曜)夜六時半からタワーホール船堀で上演です。都内の上演は江戸川だけです。俳優さん達の平和への熱い思いで上演が続いて来ました。区内の小学生6人も舞台に立ちます。大人は2500円、高校生までは1000円です。皆さん、おいでください。

葛西臨海公園の風景

2014 年 6 月 12 日 木曜日

e887a8e6b5b7e9a2a8e699af
昨日10日の第二回都議会本会議で、升添知事所信表明し、2020年オリンピックの競技場の整備計画を見直し、再検討する考えを明らかにしました。長年にわたって「自然環境を大切に」と、カヌー・スラローム施設反対の意見が強くあった葛西臨海公園の計画も再検討の対象になる、と報道されています。日本野鳥の会東京の飯田陳也さんは「知事の見直し表明に期待するか゛、ぬか喜びはできない。これからも貴重な昆虫や鳥の生息について訴え、計画変更を働きかけて行く」とコメントしています。素晴らしい水辺環境を守るために頑張りましょう。

ボトルブラッシュ

2014 年 6 月 7 日 土曜日

e3839ce38388e383ab
20年ほど前に、故・松崎茂さんがオーストラリアに行きました。帰ってきて「お土産!」と渡して下さったのが、この花の写真で、ボトルブラッシュの名を教えてもらいました。名前の通りの姿ですね。松崎さんは学生時代に恩師から「命を無駄にしないように」と教えを受け、海軍の経理担当部署につきました。帳簿に撃沈した軍艦を記録するたびに「この戦争は負ける」と思ったそうです。軍艦とともに、どれだけ有為の命が海に沈んだことでしょうか。あの時代に逆戻りさせることは出来ません。赤いボトルブラッシュに松崎さんを思い、「安倍暴走政治許せない」と決意を強くしています。