2012 年 11 月 のアーカイブ

深まる秋

2012 年 11 月 23 日 金曜日

e6b7b1e7a78b
歩道に枯れ葉が舞い散っていました。紅葉の名残を見せて美しい風情ですが、秋の終わりは寂しさを伴います。今月末から都知事選挙が始まります。投票日は総選挙と同じ12月16日です。一昨日の11月19日、「人にやさしい東京をつくる会」から都知事選挙に立候補する宇都宮けんじさんと、志位和夫委員長が会談して、日本共産党も宇都宮さんの支持を表明しました。昨日の「しんぶん赤旗」一面トップで報道しました。昨朝は、しまなが香代子さんと瑞江駅で宣伝をしました。大見出しの紙面をかざしていると、通り過ぎる人達が注目していました。駅の入り口で、「今の政治は、年寄りは死ねと言っているようだ。娘は大きな会社に勤めているけれど、200人のリストラ計画が出て若い人も不安になっている。本気で政治を変える人を応援したい」と、熱心に話しかけてきた女性の目は真剣でした。多くの人が生活難にあえいでいます。「上から目線でなく、人にやさしい政治を!」と、都知事選挙に出馬を決意された宇都宮さんは、「反貧困ネットワーク」の代表も務めています。生活の痛みに心を寄せる宇都宮さんこそ、石原都政の歪みをただせる人だと確信します。素晴らしい候補者で、都知事選挙を戦えることになりました。それにしても、総選挙を控えて政党の離合集散のありさまはひどいですね。こんな状況に失望しないで、あきらめないで、政治を変える活動に参加する人がたくさん生まれるよう、私達も活動を強めなくてはなりません。ダブル選挙の投票日は、24日後です。

ニコライ堂

2012 年 11 月 13 日 火曜日

e381abe38193e38289e38184
新日本婦人の会東京都本部主催の創立50周年記念のつどいに参加しました。11日は、東日本大震災から1年8ケ月目の日であり、霞ヶ関周辺では、大規模な脱原発の行動が展開されました。そのため、地下鉄やJRで都内を行ったり来たりの1日でした。JR御茶ノ水駅に向かう途中で、ニコライ堂の前を通りました。懐かしくて写真を撮りました。10代の頃,私は、御茶ノ水にあった予備校に通っていました。その予備校は、とっくに無くなっていますが、ニコライ堂は往時のままです。この一帯で、大学紛争の頃、機動隊が催涙ガスを撒き、その後を歩いた記憶もよみがえって来ました。騒然とした時代でした。今日の脱原発行動は、私と同世代の人達がたくさん参加していました。そして、若者達の参加も目立ちました。若い人のエネルギーは素晴らしいです。傘をさして、若者達と一緒に「原発いらない」「大飯を止めろ」「子どもを守れ」と声を合わせて来ました。新日本婦人の会の行事で感動したのは、経済同友会終身幹事の品川正治さんのビデオメッセージでした。品川さんは「私はもう一つの日本を願っている。原発やオスプレイに悩まなくて良い日本。憲法を守る日本です。そういう日本にするために、猛烈に新日本婦人の会に期待しています。」とおっしゃいました。「猛烈な期待」って、すごいですね。品川さんの期待に応える一人になりたいと思いました。

デュランタ

2012 年 11 月 3 日 土曜日

e38387e383a5e383a9e383b3e382bf
聞きなれない花の名ですが、明治中期に日本に渡来したそうですから、付き合いは長いようです。今日は久しぶりに医者に行きました。寒くなってきたせいか風邪を引いてしまいました。無理をして症状を重くしないように、薬を飲んで休むことにしました。インフルエンザの予防接種は今月いっぱいだそうです。私も、風邪が良くなったら、ワクチンの接種をお願いすることにしました。風邪は万病のもと。早めの手当てが大事ですね。 写真のデュランタの名前は、ローマ法王の侍医だった16世紀の人の名だそうです。今日は、お医者さんに縁のある日です。