2012 年 5 月 のアーカイブ

放射線量測定行動

2012 年 5 月 29 日 火曜日

e6b8ace5ae9aefbc91e6b8ace5ae9aefbc92
「子ども守る会」の放射線量測定の行動に飛び入り参加しました。朝10時前、待ち合わせ場所に続々と人が集まり百人近くにふくれあがりました。ほとんどの人が測定器を持っていました。用意していなかった私に、江戸川区民オンブズマンの小林さんが、そっと、細長い線量計を貸して下さいました。教えていただいた通りに携行して歩くと、地上1メールアドレスあたりで、0・2以上の数値を示し続けました。「水元公園の数値は高い」と聞いていた通りでした。参加者は都外からの人も多くて、熱心に、群馬大学の早川由紀夫教授の説明に耳を傾けていました。先日、報道があった「路傍の土」・黒い物質についての話もありました。公園内の道端の黒い土の塊を直に測ったら、1,0を超えました。10ベクレルの放射能があるホットスポットということになります。町の至るところに、このような放射能が寄せ集まった場所があるはずです。行政は、きめ細かな測定に消極的ですが、地域から正確な実態を調べて、対策を講じさせなくてはなりません。公園で、5月の風を受けて遊んでいる幼い子ども達の無心な姿を見て、いっそう思いを強くしました。

日中友好吟詠のつどい

2012 年 5 月 24 日 木曜日

e697a5e4b8adefbc91e697a5e4b8adefbc92
21日、日中友好協会文京支部主催の吟詠のつどいに行きました。都議会で一緒に仕事をしていた小竹ひろ子さんが文京支部支部長として開会の挨拶をされました。今年は日中国交回復40周年、日中友好協会創立60周年にあたり、両国の文化交流はとても意義があります。中国からは7人の芸術家が訪日し、書、画、伝統音楽などを披露してくれました。日本からは民話の朗読、舞踊、書と詩吟などが披露され、見ごたえがありました。すべてを紹介しきれず残念です。史暁燕さんの笛の演奏、書画吟で描かれた「雪梅」の書と水墨画の梅花の写真をアップします。勝間田龍瀞先生が、梅の花模様をあしらった着物姿で方岳作の「雪梅」の詩を吟じました。私が所属する日本吟道学院の大先輩です。江戸川でも、このような催しを企画できると素敵だな、と思いました。

シンビジュームが咲きました

2012 年 5 月 19 日 土曜日

e382b7e383b3e38393e382b8e383a5e383bce383a01
10数年前に大橋みえ子さんがプレゼントしてくれたシンビジュームが咲きました。年ごとに花色が濃くなるように思います。いつもの年は3月末頃に咲くのですが、今年は5月になりました。スズランの開花も随分遅れました。厳冬だったせいでしょうか。ランは花期が長いから、しばらくの間楽しめそうです。きれいです。今週、日本共産党都議団からFAXが来ました。都立学校や特別支援学校の放射線量測定を都議団が東京都に求めてきたなかで、「地元の要望があれば測定する」と回答したそうです。一歩前進です。放射線量の測定は、できるだけきめ細かく継続的に行い、正確な数値を都民に公開することが大切です。これからも、国、都、区にどんどん要求して行きましょう。

芝桜と武甲山

2012 年 5 月 14 日 月曜日

e88a9de6a19ce381a8e6ada6e794b2e5b1b1
葛西地域後援会のバスツアーで、秩父の羊山公園に行きました。快晴の空の下、青葉若葉に囲まれて、芝桜の丘でゆっくりした時間を過ごし、素敵な1日でした。秩父連峰の盟主と言われる武甲山を正面に据えて、芝桜の里一帯は穏やかな風景が広がっていました。秩父困民党の幹部、井上伝蔵記念館にも立ち寄りました。生糸の価格によって生活が左右され、困窮して行くばかりの民人を救おうと立ち上がった人達。命をかけて権力者に立ち向かった自由民権運動と秩父事件は、永遠に語り継がれるでしょう。私達も明治時代の人々に負けない気概を持って、大増税と社会保障の切り捨てに対峙しなくてはならない時をむかえています。帰路、関越道の三好PAで、「いも恋まんじゅう」を買いました。私は、このお菓子が大好きなのです。

シラネアオイ

2012 年 5 月 14 日 月曜日

e382b7e383a9e3838de382a2e382aae382a41
先週の日曜日に長野県池田町で写しました。シラネと名がつく名山は全国に数多くあります。草津白根、日光白根など・・・。私にとって一番思い入れが深いのは、白峰北岳です。富士山に次ぐ標高の3192メートル。青春の山でもあります。

信州、大峰高原の桜

2012 年 5 月 7 日 月曜日

e5a4a7e5b3b0
連休最後の2日間、長野県安曇野を歩きました。歌人、碓田のぼる先生の歌碑がある池田町の「桜の里」を訪ねるのが目的の旅でした。「新日本婦人の会」の元都本部会長・中村美智子さんが誘ってくださいました。「桜の里」は、人里はなれた山奥にあり、カーナビも頼りにならない場所でした。道に迷っているうちに、突然、視界が開けて、桜咲く丘の上に出ました。散り敷く花びらの見事さに歓声をあげました。看板を見て、大峰高原と知りました。二日間、たくさんの花に出会い、安曇野の自然に触れて来ました。帰宅してテレビをつけたら、茨城県の竜巻被害の画面でした。凄まじい風害です。住宅の防災は、耐震化がずっと頭にありました。竜巻被害には思い到りませんでした。家屋倒壊で中学生が亡くなられ、痛ましいです。様々な自然災害に私達はどんな備えをしておけば良いのでしょうか。被災された皆さんが、体調を崩さず、生活再建をされるよう祈るばかりです。

憲法記念日65周年

2012 年 5 月 5 日 土曜日

e686b2e6b39565
大型連休後半に入りました。昨日5月3日は、日本国憲法施行65周年の記念日でした。雨天でしたが、しまなが香代子さん、小俣のりこ区議と憲法記念日の宣伝をしました。しまながさんは、平和憲法を大切にして子ども達に平和な未来を手渡そう、と呼び掛けました。宣伝の前に、江戸川区恒例の花の祭典に行きました。あいにくの雨で、主催の皆さんは少しがっかりの様子でしたが、「雨にも負けず」とテントで頑張っておられました。ぬかるみ状態の会場をまわって、採りたて野菜や花鉢を買いました。地場の野菜や花卉を栽培している農家の方々の苦労を思い、2日目は好天に恵まれるように願って雨空を仰ぎましたが、今日も雨が残りました。写真のお人形は、新山哲子さんの作品。明日は、子どもの日。北海道の泊原発が停止します。原発のない日本を実現して、子ども達にプレゼントしたいですね。