2012 年 4 月 のアーカイブ

シャガ

2012 年 4 月 26 日 木曜日

e38198e38283e3818cefbc91e38198e38283e3818cefbc92

10年ほど前、秩父の山路で林の下にシャガがいっぱい咲いていたのを思い出します。写真のシャガは、知人のお見舞いに行った区内E病院の駐車場の壁に咲いていた一群です。壁面緑化で温暖化防止に貢献しているようです。このところ大飯原発再稼働に野田政権が必死になっている様子が伝えられています。夏の電力不足を再稼働の理由づけにしようとしています。数日前、電力各社が供給予測を出しました。信頼性は薄い、と報じた新聞もあります。環境省が、原発ゼロでも自然再生エネルギーの開発・活用を促進すれば電力供給は心配ない、と試算した報道もありました。命の安全と温暖化防止のために原発から撤退し、太陽光や風力、潮力などのエネルギー活用に切り換えることが多くの人の願いです。優しい姿のシャガを眺めながら命の尊さを思いました。

しまなが香代子さん

2012 年 4 月 23 日 月曜日

e5b3b6e995b7
小選挙区東京16区から総選挙に立候補予定のしまなが香代子さんと街頭演説をしました。わかりやすい語り口で、好評の話です。5月9日、夜7時から笠井亮衆院議員とタワーホールで演説予定。多くの方が参加してくださいますように!

4月13日

2012 年 4 月 14 日 土曜日

efbc94e69c88efbc91efbc93e697a5
今日は石川啄木没後100年にあたる日です。朝から色々な出来事がありました。北朝鮮の「人工衛星」発射、練炭殺人事件容疑者への判決、AIJ事件の国会証人喚問等々。鋭い視点で社会をみつめていた啄木が生きていたら、今の世の中をどのように評したでしょうか?夕方から、啄木研究家である歌人の碓田のぼる先生のお話を聞きに出かけます。
写真は代表的な春の野草、ミツバです。3週間ほど前、新日本婦人の会の産直野菜ボックスで根ミツバが届きました。根を切り取り、器に水を張っておいたら、こんなにたくさんの葉が出てきました。もう一度、春の香りが楽しめそうです。啄木の故郷、岩手でミツバが食べられるのは、もう少し先になることでしょう。福島県の人達は、放射能飛散で山菜採りもできないと聞きます。江戸川区内で避難生活をしている大熊町の泉さん夫妻を誘って、近郊の山に山菜採りに行く計画を練っています。原発事故で、何万人もの人々が故郷を追われているのに、「まず原発再稼働ありき」しか考えていない野田政権と原子力ムラの面々は、避難者の方々を思いやる気持ちを持っているのでしょうか。

デージー

2012 年 4 月 11 日 水曜日

e38387e383bce382b8e383bc
子どもの頃、ヒナギクと呼んでいました。茎が長いから、摘みとって花冠を作り髪に飾って遊びました。父が家の前の小道に、この花を植えて、道行く人を楽しませていました。白色から写真のように濃い紅色まで花色も豊富です。父と郷里を思い出す花です。私の家族は第二次大戦時、愛媛の山奥に疎開しました。当時、小学生だった長姉は疎開生活の苦労を知る世代です。「戦争はダメよ。平和は嬉しい」と、常々語っています。数日前、新聞を見て驚いたのは、市ヶ谷の自衛隊駐屯地に、PAC3が配備されたことです。『北朝鮮が発射させる「ロケット」は「弾道ミサイル」だ』とした迎撃準備のPAC3配備ですが、東京の中心地に迎撃ミサイルが配備されたことに危うさをおぼえます。北朝鮮が「ロケット」発射を強行しようとしているのは大問題ですが、軍事対応に走る日本の民主党政権のあり方はどうなのでしょうか?韓国メディアは「日本は過剰対応だ」と報じているようです。北朝鮮が、東アジアの平和を壊す蛮行を止めるのが第一であるのは言うまでもありません。それとともに、日本の対応がどうあるべきかを、しっかり見据える必要があると思います。「いつか来た戦争の道」に引き戻されないために。