2012 年 2 月 のアーカイブ

放射能汚染と原発をなくす江戸川センター・結成

2012 年 2 月 24 日 金曜日

e694bee5b084e883bd
22日、原発からの撤退をめざし、四人の方の呼び掛けで、同じ思いを抱く人達の共同行動をすすめる「センター」が結成されました。私も参加しました。記念講演をした柳町秀一さんは、「自然エネルギーへの移行が可能であることに確信を持ち、地震国・日本から原発をなくすために国民的対話を広げましょう」と、訴えました。会場から2人の福島第一原発事故からの避難者が発言。避難生活の実態に、一緒に泣いてしまいました。原発事故さえなかったら「避難者」とならず平穏に毎日を過ごせたはずなのに…。センター結成を力に、「原発はいらない」「東京電力と国は避難者の立場に立ってきちんと対応せよ」の声を強めて行きたいと感じました。センターのFAX番号は(5243)3080です。写真の花はロウバイです。春一番濃花が一之江境川親水公園に咲いていました。

ポピー

2012 年 2 月 21 日 火曜日

e3839de38394e383bc
この花も房総から来ました。20代から知り合いの江戸川釣りクラブの桑原さんにいただきました。私が来夏の都議選に立候補することが決まったので、激励にプレゼントしてくださいました。党事務所に花瓶が見当たらなくて、赤いホウロウの水差しを見つけて活けました。
「寒の水瓶に注いで花活ける都議選に立つ決意の一輪」
固い蕾が次々に花びらをほころばせて、艶やかの極みです。

八ノ釜遊水池と湧水

2012 年 2 月 15 日 水曜日

e6b9a7e6b0b4e6b9a7e6b0b4efbc92
消費税をなくす東京の会の税金無駄遣いウオッチングに参加して、練馬区の外郭環状道路建設予定地に行きました。関越道の大泉ジャンクションの地に、白子川が流れ、きれいな水が湧き出ている八ノ釜池がありました。大深度・地下50メートルに外環道路のトンネルを掘ると貴重な水脈が切断され、水が枯れてしまうと言われています。また、写真の八ノ釜遊水池は、大雨の時、一時的に水を貯めて付近を水害から守る役割を果たしています。外環その2と呼ばれる地上道路建設で、この遊水池が埋め立てられてしまいます。自然破壊と防災力を減じる結果を招く外環道の建設は中止すべきです。遊水池を見て、江戸川区が強引な態度で臨んでいるスーパー堤防についても考えました。莫大なお金と気が遠くなるような時間がかかるスーパー堤防より、すぐに水害防止に役立つ遊水池などのような対策を講じるのが行政の務めであり、税金を有効に使う道ではないでしょうか。

2012 年 2 月 4 日 土曜日

e698a5
房総から来た水仙とストックです。良い香りを放っていて、台所だけ一足早く春になりました。そう言えば、今日は立春です。昨日まで、恵方巻きの旗がひらめいていましたが、早くも今日は雛祭りの宣伝にかわっていました。商戦は熾烈です。ところで、この数日、沖縄防衛局長が勤務時間内に行なった「講話」のことが報道されています。日本共産党の赤嶺政賢衆議院議員の質問で、国家権力による選挙介入の事実が明らかになりました。全容解明が大事です。しかし、この質問があった日の夜のNHKTVニュースは、質問した赤嶺さんの名前も日本共産党の名前も言いませんでした。国民が主人公の立場で力を尽くしている日本共産党の働きを、多くの人に知らせるのが恐いのでしょうか。NHKだけでなく、他の大手メディアも同じような姿勢が見られます。報道の責務をきちんと果たしてもらいたいものです。

解けない初雪

2012 年 2 月 1 日 水曜日

e5889de99baa
物凄い雷鳴の後、深夜からしんしんと降った1月の雪は、乾ききった東京に程よい湿気を運んでくれました。同時に寒気が訪れ、しばらく寒さで震える毎日です。いつもならあっという間に解けてしまう東京の雪なのに2月になっても、まだ日陰には塊になって残っています。カチカチに凍っています。東北や日本海側では、豪雪で苦労されているから、この程度の寒さに怖じ気づいてはいけない、と自らを励ましています。