2010 年 9 月 1 日 のアーカイブ

良寛さんと永平寺原爆展

2010 年 9 月 1 日 水曜日

e889afe5af9be58e9fe78886

 

 

 

 

 

 

 

やっと3日続けての夏休みが取れました。お寺好きの友人と一緒に、新潟県国上山(くがみ山))の国上寺に行きました。中腹の五合庵に良寛さんが住んでいたので多くの人に知られているお寺です。良寛さんの像のそばに純白のヒメシャラが咲いていました。良寛さんの人柄を彷彿とさせるようなこの花を植えたのはどんな方かしら、と思いを巡らしました。五合庵で、質素なくらしをされていた良寛さんを偲び持参したパンで昼食を済ませました。降るようなセミの声の中で、のんびりしたひとときを過ごすことができました。翌日は、永平寺に行きました。広いお寺のどこを歩いても掃除が行き届き、心が洗われるようでした。希望者は参籠させてもらえるとのこと。ちょうど、お寺主催の原爆展が開かれており、参拝料が無料の日でした。展示室で墨染めの衣をまとった若いお坊様達が、平和祈願の鶴を折っていました。私も一羽折らせてもらいました。核兵器廃絶を呼び掛けたプラハでのオバマ大統領演説を紹介したパネルもありました。13世紀に道元禅師が開いた永平寺は、平和護持のお寺として命の大切さを訴えていました。詩吟で習った「春は花、夏ほととぎす、秋は月、冬雪冴えて涼しかりけり」の道元詠歌が自然に浮かんで来ました。