2010 年 7 月 のアーカイブ

原水禁国民平和大行進

2010 年 7 月 29 日 木曜日

e58e9fe6b0b4e7a681efbc91e58e9fe6b0b4e7a681efbc92

 

 

 

 

 

7月27日午後、市川橋の下で、千葉県の市川原水協から江戸川原水協に平和行進が引き継がれました。5月8日に北海道の礼文島を出発して通し行進中の、鹿又静子さんが「核兵器が無くなるまで頑張りましょう!」と挨拶。小森香子さん作詞の「青い空は」の歌をみんなで合唱しました。鹿又さんは、28日は葛飾区、29日は足立区、荒川区、台東区を歩き、上野公園での集会を終えたら、原水禁世界大会広島大会に向かうとのことです。核兵器廃絶の先頭に立って頑張ってくださってありがとう。市川橋まで、赤いぬいぐるみ君も一緒に歩いて来ました。「ワン君ですか?」と聞いたら、首を左右に振っていました。あなたはだーれ、と問いかけても答えず、「クマだろう」とからかわれていました。それにしても炎天下を、この姿で歩いてくれたのは、スゴイ!

フウセントウワタの花

2010 年 7 月 26 日 月曜日

e381b5e38186e3819be38293efbc91e381b5e38186e3819be38293efbc92

 

 

 

 

 

 

道を歩いていると、珍しい草花との出会いがしばしばあります。ふんわりした緑の袋をつけたこの植物の名前がわからなくて、花博士に写真を送ったところ、フウセントウワタの名前が返って来ました。そうかなあ?とまだ疑問だったから、中央図書館に行って何冊かの本のページをめくり、納得して帰って来ました。袋の中に種子があり、秋になると袋が割れて、綿に包まれて出てくるそうです。花も写したので、鮮明ではありませんが、見てください。猛暑の中で、一生懸命生きている草花に励まされます。

井上ひさしさん

2010 年 7 月 22 日 木曜日

e4ba95e4b88aefbc91e4ba95e4b88a

 

 

 

 

 

9条の会をつくり、憲法改悪の動きに警鐘を鳴らした活躍を見て、いつも尊敬の念を抱いていました。ご逝去の報を聞いたときは驚きました。10数年ぶりに山形県川西町の遅筆堂文庫を訪れる機会に恵まれました。井上ひさしさんが寄贈した書物は二十万冊を超え、そのうちの15万冊余りが閲覧に供されているとのこと。1日の読書が三十冊に及んでいた、との井上さんの読書量を聞いて、溜息が出ました。井上さんが脚本を書いた「ひょっこりひょうたん島」は大好きな番組でした。「後に続く者を信じて走れ」と、組曲・虐殺で小林多喜二の生涯を描いた井上ひさしさんは、まっすぐに未来を見据えていた方だと思います。

小池あきらさん残念!

2010 年 7 月 17 日 土曜日

e5b08fe6b1a0

参議院選挙が終わりました。東京選挙区の小池あきらさんが議席に届かず、残念な結果でした。獅子奮迅の奮闘をしてきた小池さんに「お疲れさま」と伝えたい気持ちです。応援してくださった皆様にも感謝です。今朝は選挙後、初めて西葛西駅にビラ配りに行きました。北口では、最近みんなの党に加わった女性区議が、名前の連呼を中心に宣伝していました。来年の一斉地方選の戦いが始まっているようです。我が党の草の根の力が生きる頑張りを続けなければなりません。あした、15日は日本共産党創立88周年の日です。

スグレモノ

2010 年 7 月 9 日 金曜日

e382b9e382b0e383ace383a2e3838e1e69dbee5b48e

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ポスターを掲示できる大きな台が登場しました。大版ポスター三枚が掲示できます。ノボリ旗を立てる台と一緒に作って下さったのは松崎昇さんです。息子さんは板橋区議の松崎参さん。街頭宣伝の時、やたらに旗やポスターを置けないので、この台に大いに助けてもらっています。葛西駅でビラ撒きをした朝、参さんのお母さんも参加してくれました。

立ち葵

2010 年 7 月 7 日 水曜日

e7ab8be381a1e891b5

すぐ近くの畑に咲いています。私の身長よりもずっと高く伸びて、すっきりと清しい姿です。今日は午後6時半に、世直しドクターが新小岩駅南口で演説します。豊かで迫力ある演説をたくさんの方が聞いてくれますように!

ギボシ

2010 年 7 月 1 日 木曜日

e382aee3839ce382b7

葉の形が橋の欄干の擬宝珠に似ているのが名の由来だそうです。我が家のギボシの葉は斑入りです。今年も美しく咲きました。この写真を撮った後、駅に朝宣伝に行きました。ノボリ旗を立て、プラスターを並べて準備をしていたら、知らない男性が「選挙に出るの?」と声をかけてくれました。「候補者は男性です。よくテレビに出ているメガネをかけたまーるい感じの世直しドクター」と返事をしました。選挙が始まると、候補者の名前や写真がある宣伝物は街頭などで有権者に自由に届けられない制度はおかしいと思います。話かけてくれた男性は「わかった。注意して見て見るよ」と、支持を約束してくれて、仕事に向かわれました。