2010 年 2 月 のアーカイブ

おっチャンのお父さん

2010 年 2 月 26 日 金曜日

e788b6

高校が同窓のおっチャンは40歳。お父さんが癌の病にかかり、この数年は仕事と介護の毎日です。昨年末に、お父さんが入院している市川の病院から「転院してほしい」との要請がありました。一生懸命に病院探しをしましたが、身近な所に見つけられず、やむなく成田の病院に決めました。市川の病院のお医者さんやスタッフの人達は転院を「しのびないこと」、しかし、「今の医療制度の下ではこの選択しかない」と思っておられる様子でした。転院の朝、見送りに出てきてくださった職員の方々の目は涙でいっぱいでした。成田の病院までは車で行っても一時間半はかかります。お父さんを励ましながら苦汁の決断をしたおっチャンも涙をたくさん流しました。日本の医療は不安だらけです。医療に携わる人達、患者、家族が泣かないでよい仕組みをつくることが強く望まれています。転院手続きを済ませ、夕方、病院を出ようとしたおっチャンをお父さんはすがるような眼差しで見つめていました。病院の裏庭に咲いている梅の花がお父さんの慰めになりますように、と願いました。

かたーい蕾

2010 年 2 月 24 日 水曜日

e895be 

遊歩道で小さな椿の木を見つけました。木の丈に比べて蕾はとても大きい感じです。四国の山奥にあった我が家には大きな椿の木がありました。花弁は四枚ではなく、八重でした。この小さな木も多分、大輪の花を咲かせてくれるでしょう。春の訪れをじっと待っている固い蕾に愛しさを覚えます。〓もうすぐ春ですね〓

都立墨東病院を直営で存続させる会

2010 年 2 月 21 日 日曜日

e5a2a8e69db1 

2月19日夜、江東区で開かれた「都立墨東病院を直営で存続させる会」の第2回総会・講演と交流のつどいに参加しました。つどいの始めは新婦人墨田支部の女性達のコカリナ演奏でした。(写真)会場からの発言は、石原都政が「都立病院改革」と称して強行した病院の統廃合、民営化が医療の荒廃と言ってもよい事態をひきおこしている事態を鋭く告発していました。江戸川区民も多数受診している墨東病院は地方独立行政法人化がねらわれていますから、これからの運動が大事です。「墨東病院は都の直営で」と訴えて、病身にもかかわらず署名に取り組んでいる後藤さんのお話は行動する勇気が湧く内容でした。
東京都か、この3月で廃止するとしている八王子、清瀬、梅ヶ丘の都立3小児病院廃止を守ろう、との切実な訴えもありました。昨年7月の都議選で「3小児病院廃止に反対する」と公約した民主党が、選挙後に廃止を容認する方向に姿勢を変えたことも報告されました。都内全域で産科、小児科の医師不足が大問題になっているのに、東京都が子どもの命を守る小児病院を無くしてしまうなど、とんでもないことです。後藤さんは「皆さんの税金で運営されている墨東病院で命を救ってもらいました。今度は私が恩返しをしなければ」とも述べられました。東京都は医療の充実を願う都民の声に真摯に耳を傾けるべきです。

西田ミヨ子さん熱唱

2010 年 2 月 15 日 月曜日

nisida1nisida2

 

 

 

 

 

 

 

14日はバレンタインデーでした。今年、チョコレートを差し上げた男性は一人。78歳の宇津木さん。花好き、山好きで、お互いに元気な頃は北アルプスに登ったりしたものでした。ずっと元気でいてくださいますように!午後はタワーホールへ西田ミヨ子さんの歌と講演を聴きに行きました。目を悪くして都議の職を退いてから今日まで、約9年の日々の思いを歌とともに語ってくださいました。障害者としての生活訓練、ピアノや書のお稽古、そして歌うことに喜びを見いだした歩みを話す西田さんの表情は、とても明るく豊かでした。「1日1日を大切に生き、歴史を前に進める働きに参加したい」と語る西田さんのたくましさに励まされました。私は素晴らしい先輩に廻り合うことができた幸せ者です。

かわいいな

2010 年 2 月 9 日 火曜日

e38182e38293e381b1e38293

アンパンマンとドラえもんのパンです。西一之江2丁目の「ブレーメン」というパン屋さんが焼いています。人気商品で、買いに行っても売り切れ続き。今日はようやくゲットできました。アンパンマンは餡子、ドラえもんはクリームが入っています。グループホームに入所している知人を訪ねた時に偶然見つけたパン屋さんです。アンパンマン、ドラえもんは子ども達の夢をかなえるスーパーマン。食べてしまうのは惜しかったですが、またの出会いを誓ってお昼ご飯になってもらいました。このところ連日、民主党の小沢一郎幹事長の不透明なお金の問題が報道されています。政治家は疑惑を持たれるような行いは慎むべきと思います。各種世論調査では、圧倒的多数の人が小沢氏の説明に納得していません。アンパンマンやドラえもんが大好きな子ども達に恥じない政治に正して行きたいものです。

事務所の花

2010 年 2 月 6 日 土曜日

e883a1e89db6e898ade4ba8be58b99e88ab1

 

 

 

 

 

 

新事務所に移って1ケ月が過ぎました。電話工事がようやく12日に決まり、ホッとしました。電話がつながっていない事務所では本格的な仕事はできません。足りないものだらけの事務所にもかかわらず、きれいなお花を次々にいただきました。外からのぞいて行く人が「おしゃれね」と、関心を持ってくださるようにアシスタントの早苗さんと工夫しています。小池あきらさんのポスターも盛大に貼りだしました。

2月1日の雪

2010 年 2 月 4 日 木曜日

e99baa 

1日の夜、この冬初の雪が降りました。2日朝、車の屋根に積もっていた雪が、お昼過ぎには全部解けてしまいました。ほっとするやら、名残惜しいやら、です。「せっかくの雪を撮っておかなくては」と気づいた時には、もう日陰に少し残っていただけでした。ご覧の通りの儚さです。2月1日は、日本共産党の機関紙、「しんぶん赤旗」創刊82周年の日でもありました。『雪もまた祝いたりしか二月一日「赤旗」創刊八十二年の夜』 社会正義の大道を歩み続けてきた新聞です。

いのち

2010 年 2 月 1 日 月曜日

e38184e381aee381a1

いただいた花束から百合の蕾がこぼれてしまいました。思わず「あー」と声を上げました。手のひらに乗せた固い蕾が開いてくれるように願いを込めてガラス鉢に浮かべてみました。一夜ごとに蕾がほどけ、六枚の花弁がこんなにきれいな形をつくりました。花に関心がない連れ合いも珍しく「よく咲いたね」と見つめていました。命の不思議です。殺風景な我が家に華やぎをもたらしてくれています。今日は、後期高齢者医療の保険料について相談を受けました。二年に一回の見直しが今年だそうです。小池あきら参議院議員は厚生労働委員会で「鳩山政権は後期高齢者医療制度に関して、二重の公約違反をしている」とただしたことが報道されています。一つは、総選挙で公約した制度の廃止を先送りしていること。もう一つは、約束した保険料値上げの抑制措置を講じていないこと。民主党政権が国民への約束を守らないと、東京都では平均保険料が年4200円も値上げになると言われています。今日の相談の方も「年金生活なのに一体いくら保険料負担がふえるのか」と不安になっての相
談でした。鳩山首相は国会の施政方針演説で「命を守りたい」と繰り返し述べました。生きることに希望が持てる政治が求められています。