2009 年 9 月 のアーカイブ

東京ドーム

2009 年 9 月 30 日 水曜日

e38389e383bce383a0 

初めてドーム球場に入りました。あの大ブレークした韓国ドラマ「冬のソナタ」のアニメ化記念イベントを知人の誘いで見に来ました。観客の99%以上が女性。45000人がドームを埋めつくしました。ぺ・ヨンジュンさんが登場する時、場内が暗くなり、大きなどよめきが起きました。と同時に無数のペンライトが青い光を放って会場中にきらめきました。まるで星の世界に身をおいたような心地でした。聞きしに勝る、また衰えをしらないないヨンジュン人気です。「冬のソナタ」をきっかけにして韓国に関心を持つ人が増えました。日韓の歴史や文化を「冬ソナ」から深めた人も少なくありません。私は「チャングムの誓い」を見て、チャングムが仕えた李王朝は500年以上続いた歴史があったこと、そして李王朝を滅ぼしたのは日本軍国主義だったことを知りました。冬ソナやぺ・ヨンジュンを好き、と言うと「ミーハーだね」と笑う人もいますが、テレビドラマや映画などを通して、お互いの国を理解し未来に向けて友好を深めていくのも素敵なことだと思います。

ブーゲンビリア

2009 年 9 月 27 日 日曜日

e38396e383bce382b2e383b3 

藤沢久美子区議事務所に咲いているブーゲンビリア。本物はもっとピンク色が強く、明るさがあります。赤いハイビスカスもたくさんつぼみをつけてエネルギッシュに咲いています。南の国の花々は太陽が大好きみたいで、初秋の陽射しのもとで元気さをアピールしていました。藤沢区議が毎日水やりに励んでいるそうです。

ムラサキシキブ

2009 年 9 月 26 日 土曜日

e383a0e383a9e382b5e382ad

ご近所の庭できれいに実をつけているのを見つけました。ムラサキシキブは花よりも、初秋につける実の方が人目をひきます。花梨も香しい実をつけはじめました。今の家に越して来た頃、花梨の木をいただいたことがあります。まだ幼い木だったので、米の研ぎ汁を注いだりして一生懸命に育てました。「良い木ですね」と通りがかりの人から褒めてもらったりして、喜んでいました。ところが、ある日、鉢ごとなくなってしまいました。「花ドロボウは罪にならない」と母から教わりましたが、鉢のまま持って行くのは、やっぱり許せません。でも、「おそらく、植木が好きな人が連れて行ったのだから大切にしてくれるだろう」と諦めました。今頃は私の身長よりも大きな木になっていることでしょう。昨日は都議会第三回定例会の最終日でした。TVのニュースで「自民党、公明党は反対したが、新銀行東京と築地市場の豊洲移転を審議する二つの特別委員会が設置された」と、報道されました。八ツ場ダム建設問題等と合わせて、都議会から目をはなせない情勢です。長い年月をかけて、日本共産党都議団が主張してきたことが実を結びつつあります。都民の願いに沿った明解な審議を求めましょう。

ひよの山

2009 年 9 月 24 日 木曜日

e381b2e38288e59bbde68a80e9a4a8

 

 

 

 

 

 

両国の国技館を入るとすぐに、「ひよの山」が出迎えてくれます。大相撲九月場所11日目を観戦に行きました。もちろん大相撲をじかに見るのは生まれて初めて。「席が一人分余っているから行かない?」の誘いに二つ返事で出かけました。「百聞は一見にしかず」で、テレビでは味わえない場内の興奮に私も酔いました。朝青龍と対戦した日馬富士が登場した時は思わず「ハルマフジ、勝つのよ」と声を張り上げてしまいました。呼び出し、行司さん達が次々に衣裳を変えて登場して華やかでした。取り組みに全力を注ぐ力士の魅力が土俵に活気をもたらすのでしょうが、加えて観客の声援も相撲に命を吹き込む大事な要素だと感じました。昨今、相撲の世界で様々な問題が起きて心配ですが、相撲を愛する人達に関係者が思いを寄せて、今の時代にふさわしい発展を遂げて欲しい、と願いました。今日は幸せな一日でした。

うさぎの家

2009 年 9 月 23 日 水曜日

e38186e38195e3818e

日本共産党江戸川地区委員会の前に「うさぎさんの家」があります。暑い夏が過ぎて、うさぎ達が表の小屋に元気な姿を見せています。飼育方法に工夫がこらされているので、清潔な環境で育っています。テレビ番組でも紹介されました。私は子どもの頃、学校から帰ると竹籠と鎌を持たされて、うさぎの餌の草刈りに出かけたものでした。毎日同じ草なのに喜んで食べていました。写真のうさぎさん達には、飼い主さんが良質の餌を与えているようです。ホワホワと柔らかい姿をながめているだけで気持ちが優しくなります。

酔芙蓉

2009 年 9 月 21 日 月曜日

e88a99e89389

鹿骨街道を歩く途中、「むくげが八重で咲いている」と言ったら、そばにいた東松本の小林さんが「酔芙蓉よ」と、そっと教えてくれました。「風の盆恋歌」で有名な花。なるほど美しい。朝、白色で咲き、時間が経つにつれて酔ったように紅色に染まり、夜には命を終えるはかない花とのこと。酔芙蓉の名のゆかりもわかりました。この夏、「栃の木がマロニエ」と教えて下さったのも小林さん。これからも色んなことを学ばせてくださいね。

スズランの実

2009 年 9 月 21 日 月曜日

e38199e3819a

5月に白い花を咲かせていたスズランが1cm径位の丸い実をつけました。葉蔭から「見て、見て」とささやいているみたいで、かわいいです。5連休が始まりました。映画をみたり銭湯に行ったりと、仕事もしながら、ゆっくりほっくりの時を過ごすことにします。

お香セット

2009 年 9 月 17 日 木曜日

e9a699

ユニセフから年に何回かギフトのカタログが送られてきます。カードなどわずかの量ですが購入します。今年はお香を買いました。優雅に香りを楽しむゆとりなどない生活でしたが、これからは少し違う時の過ごし方ができそうです。お香が必要な理由がもう一つ。我が家の近くには定期的にバキュームカーが来ます。その度に懐かしい匂いが流れて来ます。「その時、お香!」です。下水道普及100%と言われている江戸川区ですが、色々な事情で水洗トイレでないお宅が残っています。だけど、この御家の前は掃き清められ、玄関の格子戸はホコリひとつなく磨きぬかれています。住んでおられる方の人柄がしのばれます。比べて私の家の散らかりようは恥ずかしいかぎり。お香の香りの中で掃除することにしましょう。

紅葉のはじまり

2009 年 9 月 15 日 火曜日

e7b485e89189

鉢植えの南天が紅葉しはじめました。せっかちなところは主に似たのでしょうか。昨日の都議会本会議代表質問で我が党の吉田信夫幹事長が「30人学級実施」をあらためて求め、大原正行都教育長は「適切に判断していく」と、これまでにない答弁をしたことが報道されています。子ども達の教育を良くすることは、「せっかち」と言われるくらい速やかに対応して欲しいものです。全国47都道府県で40以下の少人数学級を実施していないのは東京都だけだから、なおさら急がれます。この秋、子ども達を豊かに育む環境作りに共同の行動を広げて行きたいものです。

紫式部

2009 年 9 月 13 日 日曜日

 

e686b2e6b3953e7b4abe5bc8fe983a81

船堀タワーホールで15日まで江戸川区伝統工芸展が開催されています。十二単衣をまとった平安朝の女性は紫式部。江戸川高校山岳部の後輩だった鈴木恵子さん作の友禅染めです。そういえば、今年のはじめは「源氏物語千年紀」で、紫式部が注目されていました。本棚に十数年間、飾ったままになっている瀬戸内寂聴さん訳の「源氏」を読む時期が来たようです。式部の時代、女性達は男性の訪れを待つ身だったようだけど、今は日本国憲法で男女平等が明記されています。一歩一歩歴史は前に進んだのですね。会場には細野勝さんが彫った憲法前文も展示されていました。憲法の理念が生きる日本の国にして行きたい、と感じさせられた展示会でした。